国内外ニュース

伊豆諸島で突風注意 九州で被害通報相次ぐ

 気象庁は19日、寒冷前線に暖かく湿った空気が流れ込む影響で、東京・伊豆諸島付近は20日明け方まで落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、寒冷前線を伴う低気圧が19日午前に山陰沖にあり、西日本を中心に大気の状態が不安定となった。熊本市で同日午前「瓦が飛んだ」など突風とみられる被害の通報が相次いだ。

 低気圧は19日夜に三陸沖に進み、寒冷前線が伊豆諸島付近まで南下する見込み。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は建物内に移動するよう求めている。

 西日本から東日本では、竜巻などの激しい突風の恐れはなくなったとしている。

(11月19日17時51分)

社会(11月19日)