国内外ニュース

坂本がSP首位、真凜2位 フィギュア全日本ジュニア

 女子SPで演技する坂本花織=札幌市月寒体育館  女子SPで演技する坂本花織=札幌市月寒体育館
 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権第2日は19日、札幌市月寒体育館で行われ、女子ショートプログラム(SP)は坂本花織(神戸FSC)が非公認ながら自己ベストを上回る67・45点で首位に立った。

 世界ジュニア女王の本田真凜(大阪・関大中)は64・86点で2位。白岩優奈(関大KFSC)が3位につけ、紀平梨花(関大KFSC)は58・86点で4位と出遅れた。

 男子SPは昨年2位の友野一希(大阪・浪速高)が71・77点で首位に立ち、66・19点の2位に島田高志郎(岡山・就実中)がつけた。

 アイスダンスは深瀬理香子(大東大)立野在(法大)組が3連覇した。

(11月19日21時56分)

スポーツ(11月19日)