国内外ニュース

TPP消滅回避で一致 首脳会合、重要性再確認

 環太平洋連携協定(TPP)に参加する日米など12カ国が開いた首脳会合=19日、ペルー・リマ(ロイター=共同)  環太平洋連携協定(TPP)に参加する日米など12カ国が開いた首脳会合=19日、ペルー・リマ(ロイター=共同)
 【リマ共同】環太平洋連携協定(TPP)に参加する日米など12カ国は19日(日本時間20日)、ペルーの首都リマで首脳会合を開いた。TPPが経済面に加え、アジア太平洋地域の安全保障上も重要であると再確認し、来年1月のトランプ米政権の発足に伴うTPP消滅の回避へ全力を挙げることで一致した。米抜きでの発効は議論しなかった。

 安倍晋三首相は会合で、TPP脱退を掲げたトランプ氏が大統領選に勝利したことで、発効に不可欠な米議会の承認が厳しくなっているとの認識を表明した。

(11月20日6時11分)

経済(11月20日)