国内外ニュース

ヒトラー作品467万円で落札 水彩画など15点、独で競売

 19日、ドイツ南部ニュルンベルクの競売で最高値で落札されたヒトラーの水彩画(競売会社ワイトラー提供・共同)  19日、ドイツ南部ニュルンベルクの競売で最高値で落札されたヒトラーの水彩画(競売会社ワイトラー提供・共同)
 【ベルリン共同】ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーが1907~25年に描いたとされる水彩画や油絵など27点が19日、南部ニュルンベルクで競売に掛けられ、うち15点が計3万9800ユーロ(約467万円)で落札された。落札者は明らかになっていない。

 競売会社ワイトラーによると、最高値が付いたのは、農家と滝のある山岳地帯の風景を描いた水彩画で、落札価格は6500ユーロ。ヒトラーが青年時代を過ごしたオーストリアのウィーンにある劇場を描いた水彩画も5千ユーロで落札された。

 作品はほとんどがヒトラーの署名入りで、オーストリアのキリスト教聖職者の自宅などに保管されていた。

(11月20日10時11分)

暮らし・話題(11月20日)