国内外ニュース

ドリフト競技、車輪外れ女性重体 宇都宮のサーキット

 外れた右前輪が女性を直撃する事故を起こした車=20日午後、宇都宮市の日光サーキット  外れた右前輪が女性を直撃する事故を起こした車=20日午後、宇都宮市の日光サーキット
 20日午前9時ごろ、宇都宮市高松町の「日光サーキット」で、車輪を滑らせながら走行するドリフト競技大会に参加し練習走行していた車の右前輪が外れ、近くにいた埼玉県本庄市、ピアノ講師鈴木祥子さん(35)を直撃した。鈴木さんは全身打撲などで意識不明の重体。

 宇都宮東署によると、鈴木さんは事故車とは別のチームの関係者で、コースから約3メートル離れた場所で走行準備をしていた。コースとの間には高さ約1メートルの壁などがあったが、車輪は跳ねて飛び越えた。

 車を運転していた千葉県松戸市、中古車販売業高宮悠樹さん(36)も、頭を打ち軽傷。

(11月20日17時01分)

社会(11月20日)