国内外ニュース

フランス、元首相ら3人が横一線 大統領の予備選投票

 【パリ共同】来年4~5月のフランス大統領選(2回投票制)へ向け、中道・右派の統一候補を選出する予備選の第1回投票が20日、全国で行われた。最近の世論調査ではサルコジ前大統領(61)、ジュペ元首相(71)、フィヨン元首相(62)の3候補がほぼ横一線に並ぶ大激戦となった。

 即日開票され、20日夜(日本時間21日未明)に結果が判明。得票率50%を超える候補がいない場合、27日に上位2候補の決選投票が行われる。

 テロ続発や景気停滞を受けて現職の左派オランド大統領(62)の支持率が低迷し、極右が勢いを増す中、保守政党、共和党など中道・右派から元閣僚ら7人が立候補。

(11月20日17時11分)

国際(11月20日)