国内外ニュース

辺野古訴訟、最高裁前で集会 反対派「公正審理を」

 最高裁前で辺野古移設反対派が開いた集会の参加者ら=20日夜  最高裁前で辺野古移設反対派が開いた集会の参加者ら=20日夜
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡る国と県の訴訟について、移設反対派の市民団体が20日、東京の最高裁前で集会を開いた。9月の福岡高裁那覇支部判決は国の全面勝訴とし、移設に反対する県が上告している。参加者は「公正な審理を行え」「不当な判決を許さないぞ」とシュプレヒコールを上げた。

 21日には高裁那覇支部判決の破棄などを求める署名を最高裁に提出する方針。オール沖縄会議の志喜屋盛隆事務局次長は、沖縄から駆け付け「公正な弁論ができれば、負けることはないと確信している」と話した。

(11月20日21時06分)

社会(11月20日)