国内外ニュース

水泳、瀬戸は男子200個メ2位 FRは乾、中牧組が優勝

 男子200メートル個人メドレー決勝で2位となり、記録を見詰める瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場  男子200メートル個人メドレー決勝で2位となり、記録を見詰める瀬戸大也=東京辰巳国際水泳場
 水泳のアジア選手権最終日は20日、東京辰巳国際水泳場などで行われ、競泳は男子200メートル個人メドレーで瀬戸大也(JSS毛呂山)が1分57秒80で2位だった。50メートル自由形は中村克(イトマン東進)が22秒03で中国選手と同着優勝。

 女子400メートルメドレーリレーは日本(諸貫、関口、池江、青木智)が3分57秒97で優勝。200メートル個人メドレーは大橋悠依(東洋大)が2分11秒46で制し、リオ五輪代表の16歳、今井月(愛知・豊川高)が2位。

 シンクロナイズドスイミングのデュエットFRは乾友紀子、中牧佳南組(井村シンクロク)が93・2667点で勝った。

(11月20日21時25分)

スポーツ(11月20日)