国内外ニュース

産業医大病院の点滴袋に穴 10月にも、福岡県警が捜査

 20日午後0時25分ごろ、北九州市八幡西区の産業医大病院で、点滴袋1個に穴が開けられているのが見つかった。福岡県警折尾署は器物損壊の疑いで捜査を始めた。病院によると、点滴袋は21日に使用する予定で、患者に影響はなかった。

 病院では10月にも、点滴袋3個に針で刺したような穴が開けられ、薬品保管庫などの鍵束と鎮痛剤2本が紛失しているのが見つかった。折尾署が窃盗、器物損壊事件として捜査中。署は、いずれの事件も内部事情に詳しい者による悪質ないたずらとみて調べる。

 署によると、今回の点滴袋の異常は、病棟9階のナースステーションで、看護師が点滴袋を点検中に見つけた。

(11月21日0時36分)

社会(11月21日)