国内外ニュース

独首相が4期目出馬表明 「困難な時代に全力」と決意 

 20日、ベルリンで記者会見するドイツのメルケル首相(AP=共同)  20日、ベルリンで記者会見するドイツのメルケル首相(AP=共同)
 【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は20日、来年秋の連邦議会(下院)選挙に、党首を務める与党・キリスト教民主同盟(CDU)の首相候補として出馬し、首相4期目を目指す意向を正式に表明した。首都ベルリンで記者会見し「困難で不安定な時代だが、これまでの経験を生かし全力を尽くす」と決意を述べた。

 メルケル氏は欧州連合(EU)の「盟主」とされ、選挙結果は、英国のEU離脱問題やポピュリズム(大衆迎合政治)の台頭で揺れる欧州政治の行方を左右しそうだ。CDUが敗れてメルケル氏が続投に失敗すれば、EUの結束が弱まる可能性がある。

(11月21日3時46分)

国際(11月21日)