国内外ニュース

女性生き埋め殺害で無期懲役求刑 千葉地裁

 千葉県内で昨年4月、同県船橋市の女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害し財布などを奪ったとして、強盗殺人や逮捕監禁などの罪に問われた無職中野翔太被告(21)の裁判員裁判の論告求刑公判が21日、千葉地裁(吉井隆平裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。

 検察側は論告で、犯行は残虐極まりなく計画的だとした上で「犯行に興奮や高揚感を覚え、積極的に加わった」と指摘した。

 初公判で中野被告は起訴内容を認めた。弁護側は、被告が事件前から井出裕輝被告(22)=同罪などで起訴=に暴力を振るわれるなどしており、指示を断れなかったと主張していた。

(11月21日11時50分)

社会(11月21日)