国内外ニュース

富士山、死亡は山口の18歳学生 もう1人は心肺停止で発見

 富士山須走ルート9合目付近で20日午前に男性2人が滑落した事故で、静岡県警御殿場署は21日、死亡したのは広島県の大学に通う末本伊武樹さん(18)=山口県光市=と明らかにした。同県警などは行方不明となっていた広島市佐伯区、職業不詳渡辺勝俊さん(64)を21日朝から捜索、山梨県警が渡辺さんとみられる男性を心肺停止状態で発見した。

 山梨県警によると、渡辺さんとみられる男性は午前8時10分ごろ、山梨県側の7合目付近で見つけた。

 2人は広島市内の20~66歳の男性4人と富士山を訪れ、午前6時ごろ、山梨県側の吉田ルート6合目から山頂へ出発していた。

(11月21日12時25分)

社会(11月21日)