国内外ニュース

松山市で国内最古の畑跡発見 縄文―弥生期、愛媛大

 松山市の文京遺跡から見つかった国内最古の畑跡(愛媛大提供)  松山市の文京遺跡から見つかった国内最古の畑跡(愛媛大提供)
 松山市の文京遺跡で、縄文時代晩期末―弥生時代前期初頭(紀元前700~紀元前500年)の畑跡が見つかり、21日、愛媛大埋蔵文化財調査室が発表した。弥生時代前期前半の庄・蔵本遺跡(徳島市)や筋違遺跡(三重県松阪市)より1世紀余り古く、国内最古の畑跡という。

 日本列島では既に縄文時代晩期末の水田跡は見つかっているが、縄文晩期―弥生前期の農耕の様子を知る手掛かりになるという。

 同調査室によると、南北は約6~7メートル、東西の長さは不明だが、小規模な畑という。栽培した作物は分かっていない。

(11月21日17時30分)

文化・芸能(11月21日)