国内外ニュース

J2山形の中村選手に罰金 児童ポルノ公開事件

 京都区検は21日、男児のわいせつ動画をインターネット上に公開したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの罪で、サッカーJ2「モンテディオ山形」の中村隼選手(25)を略式起訴した。京都簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

 起訴状によると、昨年11月14日、スマートフォンを使い、動画共有アプリを通じて、男児のわいせつ動画3件を不特定多数の利用者が閲覧できる状態にしたとしている。

 捜査関係者によると、中村選手は「見返りとしてもらえるネット上のポイントが楽しみだった。わいせつ動画に興味があった」などと供述しているという。

(11月21日18時35分)

社会(11月21日)