国内外ニュース

母弟殺害後に自殺か、島根・出雲 近くで首つった男性

 島根県出雲市で19日夜に親子3人の死亡が確認された事件で、乗用車内で見つかった樋口忠雄さん(65)の首に、ひもで絞められたような痕があったことが21日、県警への取材で分かった。母ナミ子さん(96)にも同様の痕があり、県警は近くで首をつっていた兄の明芳さん(69)が、2人を殺害後に自殺したとみて調べている。

 県警によると、忠雄さんとナミ子さんの死因は首を絞められたことによる窒息死、明芳さんは首をつって自殺したと判明した。親族や知人らの話や現場の状況などから、明芳さんが心中を図った可能性があるとみている。

(11月21日19時20分)

社会(11月21日)