国内外ニュース

ローソン顧客3人に不正アクセス 被害18万円

 ローソンは21日、自社のウェブサイト会員3人に不正アクセスの被害があり、買い物に使用できる共通ポイントが勝手に使われたと発表した。被害は金銭換算で計約18万円。

 9月末ごろから「ローソンWEB会員向けサービスサイト」で、登録した顧客以外の第三者から、不正なログインによるアクセスが多数発生した。ローソンは不正アクセスを遮断したが、ネット上に開設したスーパー「ローソンフレッシュ」で、3人の共通ポイント「Ponta(ポンタ)」計約18万ポイントが使われたことが分かったという。

(11月21日19時40分)

社会(11月21日)