国内外ニュース

北方領土、日ロの利益重視 共同経済活動巡り首相

 ブエノスアイレスで記者会見する安倍首相=21日(共同)  ブエノスアイレスで記者会見する安倍首相=21日(共同)
 【ブエノスアイレス共同】安倍晋三首相は21日夜(日本時間22日午前)、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで記者会見し、ロシアのプーチン大統領が言及した北方領土での「共同経済活動」構想に関し、日ロ双方の利益を重視しながら進める方針を強調した。「北方四島の将来の発展について、日本とロシアがウィンウィン(相互利益)の形で進めていくことが何より重要だ」と述べた。

 北方領土問題については「従来の政府の立場を変えていない」と語った。「日本の主権下」でなければ構想を受け入れない構え。平和条約締結交渉に関し「たった1回の首脳会談で解決するものではない」と予防線も張った。

(11月22日10時54分)

政治(11月22日)