国内外ニュース

韓国検察、名門女子大捜索 崔被告の娘が不正入学

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告による国政介入疑惑で、韓国検察は22日、崔被告の娘(20)が不正入学した名門、梨花女子大や同大の前総長の自宅などを家宅捜索した。不正には教育当局が関与した疑いも出ている。

 崔被告の娘は馬術選手で、2014年の仁川アジア大会団体戦で優勝し、その直後に受験資格がないにもかかわらず、特待生で同大の入試に合格した。

 さらに、入学後も試験を受けずに単位を取得するなど特別扱いを受けていたことが教育省の監査で判明。不正に関わった教授らは政府の研究補助金を得ていた。

(11月22日12時20分)

国際(11月22日)