国内外ニュース

「イスラム国」支援容疑で男逮捕 NY中心部でテロ模索か

 【ニューヨーク共同】米司法当局は21日、過激派組織「イスラム国」(IS)を支援しようとした容疑で、イエメン出身のニューヨーク在住の男を逮捕した。ニューヨークの連邦地検が発表した。「テロ組織」のISに忠誠を誓ったとしているが、具体的な指示を受けていたかどうかは明らかにしていない。

 AP通信によると、男は米国に永住権を持つモハメド・ラフィク・ナジ容疑者(37)。

 ナジ容疑者は7月にフランス南部ニースでトラック暴走テロが起きた後、仲間とのやりとりの中で、ニューヨークの繁華街タイムズスクエアで同様の事件を起こすのを支援する考えを示していたという。

(11月22日14時30分)

国際(11月22日)