国内外ニュース

関東甲信、24日にかけ雪の恐れ 真冬並み寒気南下

 気象庁は22日、23日夜から24日にかけて関東甲信で雪が降る恐れがあるとして、積雪や路面の凍結による交通障害に注意を呼び掛けた。11月に東京都心で初雪が観測されれば54年ぶり。

 気象庁によると、24日にかけて上空1500メートル付近に真冬並みの寒気が南下する上、関東の南海上を低気圧が通過するため雪が降る可能性があるという。

 関東地方の山沿いと甲信地方を中心に雪が積もるとみられる。気温が下がった場合は東京23区でも積雪する見込み。

(11月22日16時21分)

社会(11月22日)