国内外ニュース

東京円、110円台後半

 22日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台後半で取引された。

 午後5時現在は、前日比横ばいの1ドル=110円91~93銭。ユーロは14銭円高ユーロ安の1ユーロ=117円77~81銭。

 福島県沖の地震を受け、安全資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となり、一時110円台前半まで円高が進んだが、被害が比較的軽微だったことが確認されると、ドルが買い戻された。

 市場では「日米で祝日が続くことから手じまいに入る参加者が多く、積極的な取引は控えられた」(外為ブローカー)との声も聞かれた。

(11月22日18時16分)

経済(11月22日)