国内外ニュース

白血病労災、東電を提訴 福島原発事故収束作業に従事

 福島第1原発事故の収束作業や佐賀県の玄海原発の定期点検で放射線に被ばくした後、白血病を発症し、労災認定された北九州市の男性(42)が22日、東京電力と九州電力に計約5900万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

 原発事故後の被ばくを巡り、労災と認定されたのはこの男性が初めて。

 訴状によると、男性は事故後の2011年10月~13年12月、福島第1、第2原発と玄海原発で2次下請けとして溶接作業に従事し、少なくとも19・8ミリシーベルトの放射線を浴びた。14年1月、急性骨髄性白血病と診断され抗がん剤治療を受け、これに伴う不安から、うつ病も患ったとしている。

(11月22日19時26分)

社会(11月22日)