国内外ニュース

国会延長幅を本格検討 首相、TPP承認に全力

 安倍晋三首相は23日午後、米国とペルー、アルゼンチンの3カ国歴訪を終えて帰国する。終盤国会に突入し、環太平洋連携協定(TPP)の承認と年金制度改革法案の成立に全力を挙げる方針だ。審議日程は窮屈になっており、政府、与党は今月30日までの国会会期の延長幅について本格的な検討に入った。北方領土問題と「共同経済活動」構想が焦点となる12月15、16日の日ロ首脳会談の準備も加速させる。

 首相は帰国翌日の24日に参院TPP特別委員会の集中審議に臨む。民進党の蓮舫代表が質問に立つ予定で、トランプ次期米大統領との会談内容などをただす構え。

(11月22日19時40分)

政治(11月22日)