国内外ニュース

「環境に優しい発電」認証制度 第三者機関で付加価値証明

 経済産業省が、太陽光発電など「環境に優しい発電」の付加価値を証明する文書の市場取引の導入に向け、第三者機関「低炭素投資促進機構」による認証制度を設ける方針であることが22日、分かった。

 機構は、再生可能エネルギーの活用促進のため家庭や企業が負担する再エネ賦課金の回収や分配をしている。事業者の発電量など基礎情報を把握していることから、認証制度の円滑な導入を後押しすると判断した。

 24日に開かれる「電力システム改革貫徹のための政策小委員会」の市場整備に関する作業部会で案を示す。

(11月22日20時41分)

経済(11月22日)