国内外ニュース

仏大統領、パリ万博誘致を表明 大阪などと競合へ

 【パリ共同】フランスのオランド大統領は22日、2025年の国際博覧会(万博)のパリ誘致活動を始める方針を公式に表明し、博覧会国際事務局(BIE、本部パリ)に書面で通知した。大統領府が発表した。

 同年の万博は大阪が誘致を目指しているほか、カナダのトロントなどにも誘致の動きがある。今後、各候補地の誘致合戦となる可能性がある。

 オランド氏は書面で「知識の共有、地球の保護」をテーマに掲げ、会場は「主にパリ首都圏とするが、全フランスを挙げて誘致を目指す」と明らかにした。

 一方、大阪への万博誘致を巡っては大阪府の松井一郎知事が今月9日、基本構想を政府に提出した。

(11月22日22時31分)

国際(11月22日)