国内外ニュース

日韓軍事協定の概要判明 全情報を「秘密」指定

 日韓両政府が閣議決定した、安全保障分野の機密情報を共有する軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の概要が22日、判明した。韓国から日本に提供される情報は全て「秘密」に指定。情報に接触できる職員は、特定秘密保護法に基づく適性評価で取り扱いが認められた資格者に制限する。提供される情報の多くは同法上の「特定秘密」になる見込みだ。両政府は23日、ソウルで協定に署名する。

 日韓は協定締結により、北朝鮮の核・ミサイル開発などに関する情報の共有を進める。全情報が無条件に秘密指定されることで、国民の「知る権利」が制約されていく懸念は拭えない。

(11月23日2時06分)

政治(11月23日)