国内外ニュース

トヨタ、83万台リコール 日本は含まれず、ドア開く恐れ

 【ニューヨーク共同】トヨタ自動車は22日、2011~16年型のミニバン「シエナ」の電動スライドドアが走行中に開く恐れがあるとして、世界で計約83万8千台をリコール(無料の回収・修理)すると発表した。同社は不具合による事故やけが人の有無を明らかにしていない。

 地域別の内訳は、米国とカナダ、メキシコを含む北米が約83万4千台、韓国や台湾を含むその他の地域が約3800台。日本は含まれていない。

 電動スライドドアが開く動作を妨げると、モーターの回路に負荷がかかってヒューズが切れる可能性があり、この状態で走行するとドアが開く恐れが生じるという。

(11月23日10時25分)

経済(11月23日)