国内外ニュース

北方領土のミサイル配備 岸田外相「適切な対応考える」

岸田文雄外相 岸田文雄外相
 岸田文雄外相は23日、ロシア軍が北方領土の択捉島と国後島に新型ミサイルを配備したとの報道に関し「しっかり注視し確認した上で、適切な対応を考えたい」と述べた。ロシア側に抗議するかどうかは言及を避けた。宮城県松島町で記者団に語った。

 同時に「こうした問題を解決するためにも、北方領土問題を解決しないといけないという思いを強くしている」と訴えた。12月中旬のプーチン大統領の訪日と領土問題の進展に向けて準備を進める考えも示した。

(11月23日12時26分)

政治(11月23日)