国内外ニュース

ソニーの中国カメラ工場でスト 売却に反発、補償要求

 ソニーが中国の広東省広州市に持つカメラ部品の製造工場で大規模なストライキが起きていることが23日分かった。事業規模縮小のため中国企業に工場売却を決めたことに従業員が反発し、補償を求めている。中国では労働者の待遇改善への意識が高まるにつれ、こうした事態がしばしば起きているとされ、進出企業は対応を迫られそうだ。

 工場売却はスマートフォン市場の世界的な低迷を受けたもので、今月7日に発表した。約4千人の従業員は売却先である同省深セン市の電子部品メーカーにそのまま引き継ぐ計画になっている。

 関係者によると、発表直後の10日ごろから生産できない状態となった。

(11月23日16時00分)

経済(11月23日)