国内外ニュース

東証、上場目指す地方企業を発掘 プロ向け市場に

 東証のプロ市場に新規上場した主な企業  東証のプロ市場に新規上場した主な企業
 東京証券取引所は、機関投資家などプロ向けの市場に上場を目指す地方企業の発掘に取り組んでいる。北陸や四国への出張を増やし、上場が見込める企業の情報を得るため地方銀行や地場証券を訪問するほか、有望なメーカーなどの感触を探っている。上場企業数を現在の16社から、数年で30社程度に増やしたい考えだ。

 東証の上場推進部は3人だったプロ向け市場「東京プロマーケット」の担当を昨年から徐々に増やし、現在20人ほどの体制にした。新規上場は昨年6社、今年も3社加わり、成果が出始めた。東証1部などに比べ上場審査が厳しくなく、短期間で上場企業になれると各地でPRしている。

(11月23日16時11分)

経済(11月23日)