国内外ニュース

ジャニーズ会員規約改定へ 消費者団体「不適切」指摘

 ジャニーズ事務所(東京)が、SMAPやTOKIO、嵐、関ジャニ∞など所属しているグループやタレントの公式ファンクラブ「ジャニーズファミリークラブ」の会員規約を来年中に改定する方向で作業を進めていることが23日、事務所への取材で分かった。

 規約の一部を巡っては、国認定の適格消費者団体「消費者被害防止ネットワーク東海」(名古屋市)が10月に「消費者保護の観点から不適切」と是正を求め、インターネット上で話題になっていた。事務所は「見直し作業は今年春ごろから進めており、消費者団体の指摘とは無関係」としている。

(11月23日20時06分)

社会(11月23日)