国内外ニュース

寒気南下、都心で積雪も 気象庁が注意呼び掛け

 関東地方の上空に真冬並みの寒気が南下する影響で、23日夜から24日昼すぎにかけて関東甲信地方の広い範囲で雪となり、東京都心を含む平野部でも積雪になるとして、気象庁は23日、交通障害への注意を呼び掛けた。11月に都心で初雪が観測されれば54年ぶり。積雪ならば記録上初となる。

 関東の山沿いと甲信を中心に大雪となる恐れがある。降雪量は、多い所で甲信20センチ、関東北部の山沿い15センチ、箱根から多摩・秩父10センチ、関東平野部5センチ。

 気象庁は、路面凍結、電線や樹木への着雪のほか、ビニールハウスの倒壊などへの警戒を求めた。

(11月23日18時36分)

社会(11月23日)