国内外ニュース

印パ砲撃応酬、市民ら14人死亡 兵士3人殺害も

 パキスタン北東部アザド・カシミール特別州のインドとの境界付近で生活するパキスタン人=21日(AP=共同)  パキスタン北東部アザド・カシミール特別州のインドとの境界付近で生活するパキスタン人=21日(AP=共同)
 【イスラマバード、ニューデリー共同】インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方で23日、双方から砲撃の応酬があり、パキスタン当局によると、パキスタン北東部アザド・カシミール特別州でバスなどが巻き添えになり、市民計11人、パキスタン兵3人が死亡した。AP通信などが伝えた。

 これに先立つ22日には、インド北部ジャム・カシミール州のパキスタンとの境界付近で、パキスタン側とされる武装勢力の襲撃でインド兵3人が殺害される事件が発生。インド軍が報復を宣言していた。カシミール地方を巡る両国の緊張がさらに高まりそうだ。

(11月24日1時25分)

国際(11月24日)