国内外ニュース

配偶者控除150万円有力 自民税調の野田氏

 自民党税制調査会の野田毅最高顧問は23日、所得税の配偶者控除見直しについて、配偶者の年収要件を「150万円以下」に引き上げる案が有力との考えを示した。「130万円以下」にとどめる案は、多くの働く配偶者に社会保険料負担が生じる水準と一緒になり「衝撃が大きすぎる。(影響を)乗り越えられるのは150万円ぐらいだ」と述べた。

 BSフジの番組で語った。また、年収要件引き上げに伴う世帯主の所得制限を避けて控除額38万円を縮小する試算に対し、野田氏は幅広い世帯が増税になるとして「現実問題として難しい」と述べた。

(11月23日22時50分)

経済(11月23日)