国内外ニュース

交流サイト利用、上司に報告を ロシア、公務員の情報管理強化

 【モスクワ共同】23日付のロシア紙イズベスチヤは、ロシアの全ての国家公務員が個人利用している交流サイトやブログのアカウント名を上司に文書で報告するよう義務付けられると報じた。来年4月までに報告を怠れば、解雇される恐れがあるという。プーチン政権が公務員の情報管理を強化した形だ。

 報告を義務化する新法が今年7月に発効したのに伴う措置。労働社会保障省は、公務員に職業倫理を順守させるのが狙いだと説明しているという。

 同紙は、ロシアの国家公務員が約150万人おり、うち7割が交流サイトを使っているとの専門家の推定も紹介した。

(11月24日5時41分)

国際(11月24日)