国内外ニュース

仮想通貨の補償保険を開発 三井住友海上、国内初

 三井住友海上火災保険は24日、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引所に対し、サイバー攻撃で利用者の口座から通貨が盗まれたり、従業員のミスでなくなったりした場合に被害を補償する保険を開発したと発表した。

 仮想通貨向けの補償保険は国内では初めて。取引所を運営するビットフライヤー(東京)と共同開発した。国内にある計12取引所に向けて提供したい考えだ。

 賠償額は被害1件当たり1千万~10億円。保険料は取引所の手数料収入に応じて決まり、年間数十万~数百万円になるという。

 ビットコインはネット上や店舗で使用でき、円やドルなど実際の通貨と交換もできる。

(11月24日11時30分)

経済(11月24日)