国内外ニュース

五輪ボート宮城開催は見送りへ 会場計画見直し問題

 長沼ボート場=10月、宮城県登米市  長沼ボート場=10月、宮城県登米市
 2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画見直しで検討されていたボート、カヌー・スプリント会場の宮城県登米市「長沼ボート場」への変更案が見送られる方向となったことが24日、関係者の話で分かった。

 コスト削減を目指す東京都が示した長沼案に対しては、選手村が分村となることなどから競技団体が強く反発。現行計画の「海の森水上競技場」の建設を中止した場合に補償費用が発生することもネックとなっていた。

 会場計画の見直しは27日にも開かれる見通しのIOC、大会組織委、東京都、政府の4者による作業部会で協議されさらに29日開催予定の4者のトップ級会合で結論を出す予定。

(11月24日11時30分)

国際大会(11月24日)