国内外ニュース

プロレス発言を撤回、謝罪 萩生田氏、野党批判受け

 参院TPP特別委で民進党の蓮舫代表(右下)の質問に答える萩生田官房副長官。左端は安倍首相=24日午後  参院TPP特別委で民進党の蓮舫代表(右下)の質問に答える萩生田官房副長官。左端は安倍首相=24日午後
 萩生田光一官房副長官は24日の衆院議院運営委員会理事会で、野党の国会対応を「田舎のプロレス」とした自らの発言を撤回し、謝罪した。国会内で記者団に明らかにした。民進、共産、自由、社民の野党4党が謝罪要求の方針で一致したのを受け、早期収拾を図った形だ。

 萩生田氏は議運委で「国会審議に支障を来すのが本意ではないので、撤回し謝罪したい。深くおわび申し上げたい」と述べた。

 これに先立ち、民進党の蓮舫代表は参院TPP特別委員会で「野党は邪魔する存在だと思っているのか」と追及。萩生田氏は「(野党を)そのレベルと思っている事実はない」と釈明したが発言撤回や謝罪は避けた。

(11月24日18時21分)

政治(11月24日)