国内外ニュース

入試出題ミス、10年連続 久留米大

 久留米大(福岡県久留米市)は24日、今年2月に実施した商学部と文系学部統一一般入試の日本史の問題で、選択肢に正解がないなどの出題ミスがあり、受験生数人を追加合格にしたと発表した。誤植を含めた出題ミスは、2007年実施の入試から10年連続という。

 大学によると、2月7日実施の商学部の試験では2問で、本来一つしかない正解となる選択肢が二つあった。10日実施の文系学部統一試験でも2問で、作成者が事実を誤認していたため正解の選択肢がなかったり、誤植があったりした。いずれも外部の指摘で分かった。

(11月24日21時20分)

暮らし・話題(11月24日)