国内外ニュース

捜査情報漏えい容疑で逮捕 大分県警別府署職員、収賄も視野

 記者会見で頭を下げる大分県警幹部=24日夜、大分県庁  記者会見で頭を下げる大分県警幹部=24日夜、大分県庁
 捜査情報を漏らしたとして、大分県警は24日、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで、別府署生活安全課の警察事務職員、後藤匡司朗容疑者(27)=別府市石垣東=を逮捕した。県警によると、容疑を認めている。

 情報を漏らした見返りに報酬を得ていた可能性もあるとみて、収賄事件も視野に捜査している。

 別府署では8月、参院選を巡り、野党の支援団体の入る建物敷地に隠しカメラを違法に設置した事件が発覚している。

 逮捕容疑は、別府市やその周辺で9月中旬、別府署が捜査中だった事件の情報を私用の携帯電話などを使い複数回漏らした疑い。

(11月24日23時36分)

社会(11月24日)