国内外ニュース

熊本市の中2ら3人が最優秀賞 新聞記事感想コンクール

 日本新聞協会は、家族や友人と新聞を読んで話し合った感想文を対象とした第7回「いっしょに読もう!新聞コンクール」の最優秀賞に熊本市立白川中2年、窪田絢水さん(14)ら3人を選んだと25日付で発表した。国内外の小・中・高・高専生から計4万5366点の応募があった。

 熊本地震に遭遇した窪田さんは、心臓病を患う熊本市の男性が、被災した人々に笑顔を取り戻してもらおうと「笑いヨガ」の普及に取り組んでいることを取り上げた熊本日日新聞の記事を読み励まされた。母親と感想を話し合ったことで「震災のつらさが和らぎ、復興への階段を上れた気がした」と書いた。

(11月25日5時05分)

文化・芸能(11月25日)