国内外ニュース

中米エルサルバドルでM7・0 一時津波の警告

 【ロサンゼルス共同】米地質調査所(USGS)によると、中米エルサルバドル沖の太平洋で24日午後0時43分(日本時間25日午前3時43分)ごろ、マグニチュード(M)7・0の地震があった。米ハワイの太平洋津波警報センターは、エルサルバドルとニカラグアの沿岸部に最大1メートルの津波が到達する恐れがあると警告したが、その後解除した。

 震源はエルサルバドル・ウスルタンの南南西約150キロ。震源の深さは約10キロ。

 エルサルバドルのメディアは全土で揺れが感じられたと報じ、ポル環境・天然資源相は津波への注意を呼び掛けた。グアテマラやニカラグアでも揺れを感じたという。

(11月25日11時01分)

国際(11月25日)