国内外ニュース

年金法案、今夕委員会採決 自公、国会会期延長へ

 参考人の意見陳述が始まった衆院厚労委=25日午前  参考人の意見陳述が始まった衆院厚労委=25日午前
 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は25日午前、国会内で会談し、衆院厚生労働委員会で審議中の年金制度改革法案について、同日午後の委員会採決を目指す方針で一致した。30日までの今国会会期を延長することも確認。具体的な延長幅は、安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表による与党党首会談を28日に開き、決定すると申し合わせた。

 年金改革法案を巡っては、民進、共産両党が採決に強く反対。民進党の山井和則国対委員長は記者会見で「審議は不十分だ。強行採決を阻止すべく論戦する」と強調した。衆院厚労委は午前の参考人質疑に続き、午後には首相が出席して審議を実施する。

(11月25日11時05分)

政治(11月25日)