国内外ニュース

五輪、小池知事に有明整備を要望 国際バレーボール連盟幹部

 小池百合子東京都知事(右)と会談し、ボールを贈呈する国際バレーボール連盟のアゼベド氏=25日午前、都庁  小池百合子東京都知事(右)と会談し、ボールを贈呈する国際バレーボール連盟のアゼベド氏=25日午前、都庁
 国際バレーボール連盟(FIVB)会長から全権を委任された事務局のアゼベド氏が25日午前、東京都庁で小池百合子知事と会談し、2020年東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場として、計画通り有明アリーナ(江東区)を整備するよう要望した。

 バレーボール会場は、有明アリーナの新設案と、既存施設の横浜アリーナ(横浜市)を活用する案が都の五輪調査チームから示され、国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会などとの4者協議の作業部会が協議している。

 アゼベド氏は会談で「(有明アリーナを)簡素化することで費用も縮減される。予算の削減に協力したい」と強調した。

(11月25日11時46分)

国際大会(11月25日)