国内外ニュース

仏老人ホームに覆面男、1人殺害 南部の施設、女性職員犠牲か

 25日、フランス南部モンペリエ郊外の老人ホームで起きた殺人事件で出動した救急隊員ら(AP=共同)  25日、フランス南部モンペリエ郊外の老人ホームで起きた殺人事件で出動した救急隊員ら(AP=共同)
 【パリ共同】フランス南部モンペリエ郊外のキリスト教系老人ホームに24日深夜、覆面をした男が押し入り、職員とみられる女性1人を刃物で殺害した。入所者約60人にけがはなかった。これまでテロ行為との証拠はなく、警察は殺人事件として男の行方を追っている。フランスのメディアが伝えた。

 警察が到着した際、女性は体を縛られ、刃物で複数回、刺されて死亡していた。治安当局などが付近を封鎖し、老人ホーム内を捜索したが、押し入った男は見つからなかった。

 老人ホームにはアフリカで布教活動に従事し、退職した人々が入居しているという。

(11月25日11時36分)

国際(11月25日)