国内外ニュース

沖縄・辺野古工事が一部再開へ 普天間移設関係せずと県容認

 政府と沖縄県は25日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る訴訟の和解に基づく実務者レベルの作業部会を首相官邸で開いた。政府側は、移設先となる辺野古の米軍キャンプ・シュワブで陸上工事を一部再開する方針を伝え、県側は移設工事とは直接関係ないとして受け入れた。県幹部が作業部会後に明らかにした。

 政府は県と和解後、辺野古での工事を全面的に中断していた。再開するのは移設予定地区域外の老朽化した隊舎の移転工事。政府側は再開の具体的な時期は明言しなかった。作業部会で安慶田光男副知事は「現地確認して(移設の)埋め立てと直接関係ないと判断した」と述べた。

(11月25日13時50分)

政治(11月25日)