国内外ニュース

12~2月、寒さ平年並み 気象庁が3カ月予報

 気象庁は25日、12月から来年2月までの3カ月間の天候予報を発表した。全国的に気温や降水量、降雪量は平年並みになる所が多いとみられる。

 気象庁によると、北日本(北海道、東北)は低気圧の影響を受けやすいため、気温が高く、降水量が多くなる見込み。西日本(近畿、中四国、九州)の日本海側は大陸からの寒気の影響などで降水量が多くなる。

 各月の予報は次の通り。

 ▽12月 東日本(関東甲信、北陸、東海)や西日本の太平洋側は晴れる日が多い。

 ▽1月 北日本から西日本の日本海側は曇りがちで、雪や雨になりやすい。

 ▽2月 北日本から西日本の太平洋側で晴れる日が多い。

(11月25日17時00分)

暮らし・話題(11月25日)