国内外ニュース

将棋、里見が最多5冠に復帰 女流王座を奪還

 里見香奈女流王座  里見香奈女流王座
 将棋の第6期リコー杯女流王座戦5番勝負の第3局は25日、静岡市で指され、挑戦者で後手の里見香奈女流4冠(24)が106手で加藤桃子女流王座(21)を破り、3連勝でタイトルを奪還、自身2度目で歴代最多の5冠(女流王座・女流名人・女流王位・女流王将・倉敷藤花)を達成した。

 女流タイトルは現在、六つ。史上初の全六冠同時制覇に向け、残るは女王のタイトルとなった。

 里見女流王座は島根県出身で2004年に女流プロに。13年5月に女王を奪取し、史上初の女流5冠を達成。だが体調不良で14年3月~12月まで休場したこともあり、14年末の時点では女流名人の1冠に後退した。

(11月25日17時16分)

文化・芸能(11月25日)