国内外ニュース

上下とも渋滞ピークは1月2日 年末年始の高速道路

 高速道路各社は25日、年末年始期間(12月28日~来年1月4日)の渋滞予測を発表した。ピークは上り下りとも1月2日で、各社は、利用者に出発時間をずらすなどして渋滞を避けるよう呼び掛けている。

 予測では、10キロ以上の渋滞は上りが92回、下りが56回の計148回で、前年度実績とほぼ同じ。新東名高速道路の一部区間が今年2月に開通し、並行する東名高速道路の車は分散するが、各社は「曜日配列の関係で1月2日に混雑が集中する」と見込んでいる。

 1月2日夕、東名上りの大和トンネル(神奈川)付近で期間中最長となる55キロの渋滞を予想している。

(11月25日17時16分)

暮らし・話題(11月25日)