国内外ニュース

男児の遺体、胃腸は空 母親ら育児放棄か、大阪

 大阪市東住吉区の鈴木琉聖ちゃん(1)とみられる遺体が車のトランクから見つかった事件で、司法解剖の結果、遺体の胃や腸に食べ物の消化物が残っていなかったことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 数日間、食事をさせていないと空の状態になるとされ、大阪府警捜査1課は、母親の無職鈴木玲奈容疑者(24)と同居の大島祐太容疑者(22)=共に死体遺棄容疑で逮捕=が育児を放棄していた疑いがあるとみて詳しい経緯を調べる。

 捜査関係者や親族によると、鈴木容疑者は昨年10月ごろ、前夫と離婚し、琉聖ちゃんと長女(3)を連れ、和歌山県みなべ町の実家に戻った。

(11月25日17時55分)

社会(11月25日)